バッテリー情報配信クラブ

"販売されている車はほとんどの車種がそうなっているのですが、バイクも車体が鉄となっています。

 

このこと0からバッテリーから離れた場所にあるウインカーやブレーキランプなどの灯火部品類などのマイナス側をフレームに接続することによって、プラス側をバッテリーに繋いでスイッチをONにすれば電流が流れて点灯する仕組みになっています。

 

さてここでバイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明させていただきますが、バイク用バッテリー充電方法の中にバッテリーを車体から外す場合には先ずバッテリーのマイナス端子側から外していくようにしてください。

 

次にプラス端子側を外すようにしましょう。もちろん取り付けの場合には逆の順番となります。
マイナスアースを使用しているのでこれは十分に注意をしてください。"



バイク用バッテリー充電の注意点を簡単に説明ブログ:2017/12/08

最近、
「たった14日間でスリムに!」
「○○だけで9キロ減量」という謳い文句の、
減量食品がをよく見かけますよね。

一食置き換えとか、これを飲むだけ…など、
目覚ましいほどに痩せるということを訴えています。

特に、太めだったタレントがモデルになって、
美しい身体のラインに変わったことを見せて、
説得力を持たせている広告も目立ちます。

ところが、
こうした減量食品をそのまま信じるというのは、
「健康的に、リバウンドなく、美しく痩せる」ことを目的とした
減量から見ると、疑問を感じます。

「減量」の本来の意味は、
「食事改善」という意味も持っています。

太ってしまった原因の多くは、
食事の偏り、食べ過ぎ、体操不足によるカロリー過多です。

ホルモンバランスの狂いや、薬の副作用で太ることもありますが、
これも食事内容を変更していけば、
元の身体に戻るものなのです。

「簡単に痩せられる」と減量食品に手を伸ばす前に、
自分の食習慣について
確認してみることの方が大切なんじゃないでしょうか?

この世の中にある栄養素は、
すべて身体の健康を維持する働きがあります。

減量というと脂質や糖質を断ったり、
時にはタンパク質まで断ってしまう方もいるようですが、
これでは健康も害しますし、後でリバウンドが待っているだけです。

減量食品を否定するつもりはありませんが、
利用するなら忙しいときの代用食や、
どうしても甘いものが止められない時に
とどめておくべきだと思います。

減量の本来の意味を確認し、
自分の食生活をチェックし、
体操をプラスすれば、美しく痩せられるのです。