バッテリー情報配信クラブ

"工具を販売している日立工機はマキタと並ぶ工具メーカーの老舗として有名となっています。
熱狂的ファンが多いのは、品質の高さの証なのです。また壊れにくいとの評判が高くなっています。

 

そしてRYOBIは 国内屈指のメーカーであり、ここのものなら間違いはなく、価格も手ごろなものが多いのが特徴です。
まさにDIY目的イチオシのメーカーなのではないでしょうか。

 

有名どころでナショナルは誰もが知る家電メーカーですが電動工具も定評があります。
なによりバッテリー系は優秀でラインナップも豊富に揃っています。

 

最後に工具を販売しているマキタというメーカーは、言わずと知れた日本を代表する工具メーカーです。
その信頼性はピカイチとなっており、アマチュアからプロまで幅広く愛用されています。"

社会人サークル
社会人サークルおすすめ
http://www.earith.co.jp/



日本メーカーの工具の販売と通販、そして海外メーカーブログ:2017/06/17

減量中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
身体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

身体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は身体の中心部に集まります。
逆に活動中は、身体の先端の方に多く分布します。

つまり、朝方起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通るあしや手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分があしの方にたまりやすくなっていますから
上に乗ってあしに電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

身体の水分量や分布が一番安定しているのは、
21時の入浴から2時間後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、日々できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
日々、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
2週間前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、運動の前後なのか、ご飯の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両あしのひざやももがくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。