バッテリー情報配信クラブ

"コンビネーションプライヤには150と200の2種類が存在しており、一般的なプライヤの他にくわえ部に特色を持たせたタイプがあります。

 

一つがシンノーズプライヤと呼ばれているものでくわえ部を薄くしたもので、狭い場所での使用に便利となっています。
そしてベントノーズプライヤというのはシンノーズプライヤのくわえ部を30度曲げたものとなっています。

 

さてそんなコンビネーションプライヤについて最後に簡単にご説明させていただきます。

 

ハンドルを大きく開くと、結合部をすべらして口幅を大きくして幅の広い対象物を挟む事が出来るプライヤです。
4ミリ程度の線材の切断も出来るタイプですが、結合部にガタの多い工具とも言えますので、あまり細い線材は切る事が出来ません。"

社会人サークル
社会人サークル、今すぐ
http://www.earith.co.jp/



よく使うコンビネーションプライヤーとはブログ:2017/11/25

みなさまは、減量の苦手意識がトラウマになっていませんか?

減量での苦手意識というのは、
体操が苦手なら、体操による減量。
食べる事が好きなら、食事制限による減量。
など、自分が苦手な事をやらなければいけない減量法の事です。

そして、トラウマとは、
体操を頑張りすぎてイヤになり、減量が続かなかった!
食事制限がつらくて、反動で食べ過ぎてしまったり、リバウンドしてしまった!
その結果、結局成功しないから、
減量自体が苦手…となってしまってはいませんか?

私は、ずっとそうだったんです。

食べなかったり、ひたすら体操したり…
辛い思いで頑張ったのに、なかなか成果がでなかったり…
やめたらリバウンドしてしまったり…

減量して綺麗になりたいのに失敗続きで、
またつらい日々が続くのか…と憂鬱になってしまったりしていたんです。

しかも、繰り返し減量をしていた事で、
もし痩せても、またいずれ減量しなきゃいけないのかな…
とどんどんマイナスな気持ちになってしまったんです。

しかし、特定の減量法に苦手意識をもってしまうのは、
今までの経験上、
ハード過ぎたためだったりすることが多い気がするんですよね。

だったら、逆に
いつもの生活とあまり変わりのない、
頑張り過ぎる必要のない、減量だったらどうでしょうか?

減量では、
適度な体操ときちんとした食事はとても大切な事ですよね。

適度に体操して、バランスよく食事を摂る…
簡単ではないと思うかもしれませんが、
絶食や過度な体操などに比べたらとても楽なんです。
だって、いつもの生活をほんの少し見直すだけなんですから!